産経ニュース

【五輪エンブレム・佐野さん会見】「まったく似てない」「盗用は事実無根」デザイナーの佐野研二郎さん会見

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【五輪エンブレム・佐野さん会見】
「まったく似てない」「盗用は事実無根」デザイナーの佐野研二郎さん会見

東京五輪競技大会エンブレムに関する記者会見で説明する、エンブレム制作者の佐野研二郎氏 =5日午前、東京都港区(荻窪佳撮影)

 2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場のロゴなどと似ていると指摘された問題で、デザインしたアートディレクター、佐野研二郎さん(43)が5日、東京都港区の大会組織委員会で記者会見し、「盗用ではないかと指摘され、大変驚いている。まったくの事実無根だ」と疑惑を否定した。

 エンブレムは国内外の応募作品104件の中から選ばれ、7月24日に公表された。だが、27日に劇場側のデザイナーが「似ている」と問題視。使用停止を求め、応じなければ法的手続きを取ると主張している。

 これに対し、佐野さんは会見で「要素は同じものがあるが、デザインに対する考え方が違うので、まったく似ていない」と反論。「自分の知識と経験の集大成ともいえる作品で、まったくのオリジナルと自信を持っている」と述べた。

 エンブレムのデザインについては、東京の頭文字「T」の書体を参考にしたと説明。劇場のロゴが「T」と「L」の組み合わせで作られていると指摘し、「こちらはTと円を組み合わせている」などと違いを説明した。

 エンブレム問題の浮上後、佐野さんが会見するのは初めて。会見では大会組織委も「国内外の商標調査を経た上で発表しており、問題ない」などと同様の見解を示した。

 佐野さんは広告代理店を経て、現在はデザイン会社代表。ロゴマークやキャラクターデザインなどを手掛け、日光江戸村(栃木県日光市)のキャラクター「ニャンまげ」も制作した。

このニュースの写真

  • 「まったく似てない」「盗用は事実無根」デザイナーの佐野研二郎さん会見
  • 「まったく似てない」「盗用は事実無根」デザイナーの佐野研二郎さん会見
  • 「まったく似てない」「盗用は事実無根」デザイナーの佐野研二郎さん会見

「スポーツ」のランキング