産経ニュース

【新国立競技場】“更迭”された久保局長は高等教育に精通のエース 同情の声も上がるが… 

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【新国立競技場】
“更迭”された久保局長は高等教育に精通のエース 同情の声も上がるが… 

久保公人氏

 事実上の更迭が決まった文部科学省スポーツ・青少年局の久保公人(きみと)局長は、白紙に戻された新国立競技場の整備計画について、当初から事務方の責任者を務めてきた。省内には同情もあるが、責任の明確化を求める声も上がった。

 久保氏は昭和55年、京大法学部を卒業後、旧文部省に入省。大学などの高等教育に精通したエースとして知られ、将来の事務次官に推す声もあった。

 スポーツ・青少年局長は平成24年1月から3年半に及び、新国立をめぐる大半の経緯に携わってきた。英国在住の女性建築家、ザハ・ハディド氏の作品が選ばれた24年9~11月の国際デザインコンペをはじめ、一時は3千億円まで膨らんだ総工費を規模縮小により1625億円まで圧縮し、東京都との費用負担についても、水面下で折衝を重ねてきた。

「スポーツ」のランキング