産経ニュース

【きょうの人】元ロッテエース・木樽正明(きたる・まさあき)さん(68) 野球で故郷・銚子の再活性化を

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【きょうの人】
元ロッテエース・木樽正明(きたる・まさあき)さん(68) 野球で故郷・銚子の再活性化を

木樽正明さん

 精悍(せいかん)な顔つきは現役時代そのままだ。かつて千葉・銚子商のエースとして昭和40年夏の甲子園で準優勝。プロ入り後はロッテで45年のリーグ優勝の原動力となり、最優秀選手に輝いた右腕が昨年5月、母校のヘッドコーチに就任した。

 きっかけは元プロ選手へ高校球児らの指導に門戸を開く研修会の受講だった。「まだ体は動く。どこかで自分の経験を生かしたい」と考えていたところ、指導資格を得てから同級生らに請われて帰郷、懐かしいグラウンドに立った。「今の子には噛(か)んで含めるように教えないとダメですね」とこぼしつつ、孫のような年齢の選手の指導に充実感を感じる毎日だ。

 ピーク時に9万人を超えた銚子市の人口は6万台まで落ち込み、「シャッター通り」も目立つ。かつては銚子商を頂点とした野球どころだったが、現在、硬式でプレーする地元のシニアチームの中学生は3人。少子化に加え、選手が市外のシニアへ流出している状況だ。

「スポーツ」のランキング