産経ニュース

【東京五輪】新国立は2019年5月完成 総工費は2520億円、下村文科相が方針

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京五輪】
新国立は2019年5月完成 総工費は2520億円、下村文科相が方針

調整会議を終え、記者の質問に答える下村文科相=29日午前、文科省

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催準備を担う主要組織のトップによる調整会議が29日、東京都内で開かれ、下村博文文部科学相はメーン会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の整備方針について、総工費を2520億円とし、19年5月の完成を目指すことを報告した。

 下村文科相は会議で、当初予定した開閉式屋根を20年大会の終了後に設置、可動式のいす1万5千席は仮設に変更すると説明。デザインは基本設計を基調とし、予定通り今年10月に着工するという。

 完成予定は当初より約2カ月遅れとなるが、大会組織委員会の森喜朗会長は19年9月に日本で開催されるラグビー・ワールドカップでの使用に影響はないとの見解を示した。

 同競技場の建設については、国が建設費の一部負担を都に求めているが、舛添要一知事が慎重な姿勢を崩していない。

 また、25日に就任した遠藤利明五輪相が調整会議のメンバーに新たに加わり、今後の関係機関の連携方法についても協議した。

このニュースの写真

  • 新国立は2019年5月完成 総工費は2520億円、下村文科相が方針
  • 新国立は2019年5月完成 総工費は2520億円、下村文科相が方針

「スポーツ」のランキング