産経ニュース

【FIFA汚職】南米への出金実績なし、W杯招致謝礼金疑惑で日本協会内部調査

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【FIFA汚職】
南米への出金実績なし、W杯招致謝礼金疑惑で日本協会内部調査

 2002年サッカーワールドカップ(W杯)日韓大会の招致に絡み、00年に日本協会から南米連盟に謝礼金名目で150万ドル(約1億8500万円)を渡したと、スペイン紙が報じた問題で、日本協会は22日、内部調査の結果、同年に南米連盟への出金実績がなかったことを明らかにした。

 協会によると、1999年も南米連盟への出金はなく、100万ドルを超える金額を海外送金した例は、南米以外にもないという。同年は日本代表が南米選手権に出場したため、放送権料として数万ドルの入金はあった。

 同紙は長沼健会長(故人)が南米連盟に支払ったとしたが、2000年は長沼氏は名誉会長で、協会関係者は「出金には関われない」と説明。会長だった岡野俊一郎最高顧問も否定したという。

 今後は南米連盟側にも確認を依頼する方針。日本協会の大仁会長は千葉県内で取材に応じ、「何かの間違いだろうと思っている」と述べた。

「スポーツ」のランキング