産経ニュース

【2020年東京五輪】全空連と極真会館がタッグ 種目採用なら極真選手の「寸止め」も

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【2020年東京五輪】
全空連と極真会館がタッグ 種目採用なら極真選手の「寸止め」も

友好団体の覚書を取り交わす笹川堯・全空連会長(左)と松居章圭・極真会館館長=16日、東京・江東区の日本空手道会館(只木信昭撮影)

 2020年東京五輪で、空手の実施種目入りを目指す全日本空手道連盟(全空連)は16日、絶縁状態にあった極真空手の国際空手道連盟極真会館と友好団体として協力すると発表した。昭和39年に発足した全空連が、極真空手の主要団体と手を組むのは初めて。

 全空連は体への打撃がなく、ポイントで争うノーコンタクト(寸止め)で実施。直接の打撃を認めるフルコンタクトの極真会館などと距離を置いてきた。

 東京都内で行われた会見で、全空連の笹川堯会長は「ルールは譲れないが、どの団体でも歓迎する」と話した。極真会館の松井章圭館長は「五輪種目の採用以上に、空手の権威を高めるものはない」と述べ、所属選手が五輪を目指すことを容認する方針を示した。

 極真空手は創始者で漫画「空手バカ一代」で知られる大山倍達氏が平成6年に死去した後、多くの流派に分裂し、極真会館はその一つ。空手が五輪種目になった場合、所属選手が全空連のルールに合わせ、代表選考試合などに出られる。

 一方、直接打撃の空手を統括する全日本フルコンタクト空手道連盟は16日、「ノーコンタクトによる競技参加は希望していない」との立場を示した。

「スポーツ」のランキング