産経ニュース

【陸上】中国・アテネ五輪陸上金メダリストの劉翔が引退表明

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【陸上】
中国・アテネ五輪陸上金メダリストの劉翔が引退表明

 2004年アテネ五輪陸上男子110メートル障害の金メダリスト、劉翔(中国)=(31)=が7日、中国版ツイッター「微博」上で、「新しい旅を始める。再見(さようなら)」と述べ、現役引退を表明した。

 劉翔は同五輪で、アジア人として初めて陸上短距離で金メダルを獲得した。しかし、08年北京五輪では右アキレス腱を痛めて棄権。「故郷の人々の前で、五星紅旗(中国国旗)を一番高い所に掲げることを夢みていた」と当時を振り返り、無念さを吐露した。

 12年ロンドン五輪でもアキレス腱を断裂し棄権。その後、手術を受けて復帰を目指していた。劉翔は「本当に病み、老いた。もう思い切り走れない」と、引退の理由を説明した。

 アテネ五輪でスーパースターに上りつめた劉翔は、過去11年間でスポンサー収入などを含め、5億元(約100億円)超を手にしたとされる。一部中国メディアは、契約が残っていたため、これまで引退できなかったと推測している。

     (川越一)

「スポーツ」のランキング