産経ニュース

【ハンドボール】高校選抜大会、前代未聞「決勝」途中で打ち切り“2校”優勝 準々決勝の「裁定ミス」原因…3位は3校

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ハンドボール】
高校選抜大会、前代未聞「決勝」途中で打ち切り“2校”優勝 準々決勝の「裁定ミス」原因…3位は3校

 ハンドボールの全国高校選抜大会(愛知県豊田市)で、準々決勝の裁定ミスを理由に、決勝の北陸(福井)-浦和学院(埼玉)が前半終了時点で打ち切られ、両校が優勝となる前代未聞の事態が起きた。

 日本協会などによると、28日に行われた法政二(神奈川)-浦添(沖縄)の準々決勝で、無効と判定されたはずの浦添のシュートが、得点に加算されて前半を終了。ハーフタイムに行われた法政二側の抗議は受け入れられず、後半に逆転した浦添が34-33で勝った。法政二側は試合終了後にも抗議したが、覆らなかった。

 日本協会は30日になって不手際を認め、スコアを33-33に訂正。再試合は困難なため、すでに行われていた決勝を前半で打ち切った。関係校の同意を得て、決勝に進んだ可能性がある法政二と準決勝で敗れた浦添、四日市工(三重)を3位とした。

 大会運営を担った全国高校体育連盟は裁定委員会を開き、大会の競技委員長を更迭。日本協会は「判断に遅れが生じ、多大なご迷惑をおかけしました。再発防止に努めるとともに迅速に対処する所存です」とコメントした。

「スポーツ」のランキング