産経ニュース

【陸上】弘山勉氏が筑波大の長距離コーチに 箱根駅伝出場目指し

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【陸上】
弘山勉氏が筑波大の長距離コーチに 箱根駅伝出場目指し

 筑波大は26日、箱根駅伝での活躍を目指し、同大出身で元資生堂監督の弘山勉氏(48)が4月から陸上部の長距離コーチに就任すると発表した。元五輪代表の弘山晴美らを指導した実績のある勉コーチは「培ってきた知識を生かして指導したい」と抱負を述べた。

 筑波大は前身の東京高等師範学校が箱根駅伝の第1回大会で優勝したが、1994年大会を最後に本戦に出場できていない。強化に力を入れた2011年以降も予選会で20位台の順位が続いている。同大が持つスポーツ医科学の知見を活用し、早期の本戦出場と、2020年東京五輪で活躍できる選手の育成を目指す。

 筑波大のような国立大は私立大と比べ推薦入学での選手確保などでハンディがあり、図子浩二監督は「著名な弘山コーチの元に人が集まることでチームが強くなれば」と期待している。

「スポーツ」のランキング