産経ニュース

【きょうの人】サッカー日本代表監督に就任したバヒド・ハリルホジッチさん(62)「文化や料理もリスペクトしたい」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【きょうの人】
サッカー日本代表監督に就任したバヒド・ハリルホジッチさん(62)「文化や料理もリスペクトしたい」

会見に臨む日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督=13日、東京都港区(撮影・桐山弘太)

 会見冒頭、硬い表情で頭を下げる姿に、律義で完璧主義の性格がにじんだ。サッカー日本代表監督の就任会見で力強く伝えたことの一つが「負けることは大嫌い」。どんな試合でも、勝ちにこだわる意欲を前面に出した。

 選手時代はフランス1部リーグで2度得点王に輝いたストライカー。1982年ワールドカップ(W杯)スペイン大会に旧ユーゴスラビア代表として出場。指揮官としては国を渡り歩きながら評価を上げ、2001年にフランスで同リーグの年間最優秀監督に。コートジボワール代表とアルジェリア代表のアフリカの2カ国をW杯に導いた。

 歴史や文化の異なる国で結果を出す下地は、育った環境にあった。多様な人種や宗教が入り乱れるボスニア・ヘルツェゴビナ出身。祖国では、現役引退後の1992年にボスニア紛争が発生。隣人ですら争い合う混乱の中で大けがも負った。「国を守るために戦った。サッカーのおかげで人生が素晴らしいものになった」。難を逃れ、フランスに移住。指導者として成功する歩みが始まった。

 激情家として知られる。評価を高めた昨年W杯。決勝トーナメント1回戦で延長戦の末敗れたドイツ戦後に選手らを抱きしめて男泣きした場面は記憶に新しい。ベテラン選手にも特別扱いしない。

 来日前に夫人が用意した日本の歴史書に目を通し、知識を頭に入れてきた。「コンニチハ」「アリガトウ」と日本語も披露。「皆さんの文化や料理もリスペクトしていきたい」。新たなかじを託された指揮官とともに日本代表が再始動した。(小川寛太)

このニュースの写真

  • サッカー日本代表監督に就任したバヒド・ハリルホジッチさん(62)「文化や料理もリスペクトしたい」
  • サッカー日本代表監督に就任したバヒド・ハリルホジッチさん(62)「文化や料理もリスペクトしたい」
  • サッカー日本代表監督に就任したバヒド・ハリルホジッチさん(62)「文化や料理もリスペクトしたい」
  • サッカー日本代表監督に就任したバヒド・ハリルホジッチさん(62)「文化や料理もリスペクトしたい」
  • サッカー日本代表監督に就任したバヒド・ハリルホジッチさん(62)「文化や料理もリスペクトしたい」

「スポーツ」のランキング