産経ニュース

【ラグビーW杯】釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ラグビーW杯】
釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選

ラグビーの2019年ワールドカップの開催地に選ばれ、歓声を上げる市民ら=2日夜、岩手県釜石市(高木克聡撮影)

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場が2日、発表され、東日本大震災の被災地、岩手県釜石市や「西の聖地」花園ラグビー場のある大阪府東大阪市など12都道府県から12会場が選ばれた。開催地に決まったのはこの2会場のほか、札幌市、埼玉県熊谷市、東京都、横浜市、静岡県、愛知県豊田市、神戸市、福岡市、熊本市、大分県。立候補した15会場から仙台市と京都市、長崎県は落選した。

 国際統括団体ワールドラグビー(WR)から大会運営を委託された「W杯リミテッド」が同日、ダブリンでの理事会で決定した。アジア初開催となる19年大会は9回目で、欧州や南半球の伝統国・地域以外では初めての開催。11年大会招致でニュージーランドに敗れた日本は2度目の挑戦で招致に成功した。

 大会には全20チームが出場。1次リーグを勝ち上がった8チームが決勝トーナメントを戦う。開幕戦と決勝は、20年東京五輪のメーンスタジアムとなる新国立競技場(19年完成予定)で行う方針が決まっている。

 今後、準備が本格化。W杯出場チームのキャンプ地選定プロセスは16年春以降に発表され、同年後半に本大会の組み合わせ抽選会が予定されている。17~18年には本大会の試合日程が決まり、チケットの概要発表や販売も始まる。18年には開幕1年前イベントが行われ、本大会は20年東京五輪・パラリンピック前年の19年9から10月にかけて開催される。

このニュースの写真

  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選
  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選
  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選
  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選
  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選
  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選
  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選
  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選
  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選
  • 釜石市、東大阪市など12会場で開催地 仙台市、京都市、長崎県は落選

「スポーツ」のランキング