産経ニュース

【東京マラソン】藤原新も失速「本来の自分じゃない」 故障からの復活ならず

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京マラソン】
藤原新も失速「本来の自分じゃない」 故障からの復活ならず

上位争いに絡めず惨敗した藤原新(代表撮影)

 3年前の東京で2時間7分台を出した姿からは程遠かった。ロンドン五輪代表の藤原は20キロすぎからズルズルと後退し、最後は2時間19分40秒の不甲斐ないタイムでゴール。「本来の自分じゃない」と力なく話した。

 五輪後は故障の連続で不本意なレースが続く。今回は久々に練習に手応えがあり、「うまくいけば8分台を出せる」と自分自身に期待していただけに落胆も大きい。故障の影響で走り方が変わり、以前のようには楽に走れない感覚もあるという。

 リオデジャネイロ五輪を目指す姿勢は変わらないが、復調のきっかけさえつかめないままだ。

「スポーツ」のランキング