産経ニュース

【スノーボード世界選手権】16歳鬼塚、世界選手権で最年少優勝「すごくうれしい」  

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スノーボード世界選手権】
16歳鬼塚、世界選手権で最年少優勝「すごくうれしい」  

スノーボード世界選手権の女子スロープスタイルで初優勝した鬼塚雅=21日、オーストリア・クライシュベルク(ゲッティ=共同)

 オーストリアのクライシュベルクで開催中のスノーボードの世界選手権で21日、女子スロープスタイルの鬼塚雅(16)=バートン=が初優勝した。熊本・ルーテル学院高1年の鬼塚は、同選手権で男女を通じて史上最年少の16歳3カ月で頂点に立った。

 スノーボードの世界選手権で日本勢の金メダルは、2009年大会で男子ハーフパイプを制した青野令(日体大)に続いて2人目となった。

 ◆鬼塚雅の話「すごくうれしい。優勝したこともそうだけど、高い点数が出たことがうれしい。メンタルと技の完成度が上がったのは成長だと思う」(共同)

このニュースの写真

  • 16歳鬼塚、世界選手権で最年少優勝「すごくうれしい」  
  • 16歳鬼塚、世界選手権で最年少優勝「すごくうれしい」  

「スポーツ」のランキング