産経ニュース

【明治神宮野球大会】ドラフト指名同士が対決 西武3位の富士大・外崎とロッテ4位の創価大・寺嶋

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【明治神宮野球大会】
ドラフト指名同士が対決 西武3位の富士大・外崎とロッテ4位の創価大・寺嶋

1回、久保の適時打で生還する富士大・外崎修汰=神宮球場(撮影・小倉元司)

 富士大の外(との)崎(さき)は西武の3位指名を受けた快足自慢の二塁手。創価大の捕手はロッテ4位指名の寺嶋。同じパ・リーグで活躍が期待される2人の足と肩が対決した。

 一回2死から外崎が50メートル6・0秒の俊足を生かし、内野安打で出塁。次打者の初球にすかさず二盗を決めると、右前打で先制のホームを陥れた。

 「あの盗塁は自分の判断。大事なのはスタートの思い切りのよさ」と外崎。「捕って投げるまで少し遅れたが、(外崎は)速いですね」と寺嶋は素直に相手をたたえた。

 試合は、逆転した創価大が大量リードを奪い、七回コールド勝ち。寺嶋は一回の失点を境に、相手打線の変化球ねらいを見抜いた。「直球でコースを突ければ、相手は変化球を引っかけてくれる」と先発小松に助言し、立ち直らせた好リードが光る。

 4番として二塁打も放った寺嶋は「守りも打つ方も一流に」。外崎は「攻走守、三拍子そろった内野手」と、ともに新天地での飛躍を誓った。(三浦馨)

このニュースの写真

  • ドラフト指名同士が対決 西武3位の富士大・外崎とロッテ4位の創価大・寺嶋
  • ドラフト指名同士が対決 西武3位の富士大・外崎とロッテ4位の創価大・寺嶋
  • ドラフト指名同士が対決 西武3位の富士大・外崎とロッテ4位の創価大・寺嶋

「スポーツ」のランキング