産経ニュース

【プロ野球】侍ジャパン 野球振興へ事業会社 機構・12球団 試合数確保が課題

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
侍ジャパン 野球振興へ事業会社 機構・12球団 試合数確保が課題

侍ジャパンの今後の日程

 日本野球機構(NPB)と12球団は、共同出資で野球日本代表「侍ジャパン」を推進する事業会社「NPBエンタープライズ」を7日に発足。事業会社化によってNPBの収益拡大と野球の振興を図る。ただ、試合数の確保など課題もあり、当面は手探り状態のスタートとなりそうだ。

 これまで侍ジャパンに関する事業はチーム編成を含めて継続性に欠けていた。その課題解消のため、中長期的な戦略で侍ジャパンの事業を一元化させるのが狙いだ。「NPBエンタープライズ」は12球団が各500万円、NPBが3千万円を出資。資本金9千万円で設立され、侍ジャパンの興行を中心に企画・運営などを行う。NPBの熊崎勝彦コミッショナーは「(NPBの)収益拡大とともに、日本の野球振興にも波及効果をもたらせる」と意義を強調する。

 NPBエンタープライズの初事業は、12日から始まる8年ぶりの日米野球。来年3月には海外の代表チームとの強化試合も検討されている。

 事業会社化のもう一つの狙いが、アマチュア球界と連係した野球振興だ。NPBは、ことし9月1~6日にタイ・バンコクで行われたU-18(18歳以下)アジア選手権で、決勝戦など計4試合をインターネットで生中継。決勝戦は「ニコニコ動画」で延べ約10万8千人がアクセスした。

「スポーツ」のランキング