産経ニュース

【プロ野球】またも自己最速160キロ出した日本ハムの大谷、右足つって緊急降板

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
またも自己最速160キロ出した日本ハムの大谷、右足つって緊急降板

 日本ハムの大谷が、またも本拠地のファンをどよめかせた。一回2死、アンダーソンを二ゴロに打ち取った2球目が160キロを計測。前回登板の広島戦(4日、札幌ドーム)に続き、自己最速タイを記録した。

 二回は阿部と亀井に続けて直球を痛打され、先制点を献上。それでも「まっすぐを狙われていたのは分かっていたけどファウルをとれる自信もあった」とキレのある球で押す。2巡目まで150キロ台後半の直球を次々と投げ込むと、3巡目は一転して変化球主体に変更。強気の投球で巨人打線を手玉にとった。

 だが七回1死、ロペスに5球目を投げたところで右ふくらはぎがつった。走塁の際に左足首を痛めた前回に続き、2戦連続してアクシデントで緊急降板。大事には至らなかったが、「今回は自己管理もあるので申し訳ない」。チームに勝利をもたらせなかった責任を痛感した。

今季は“投手重視”で調整

「スポーツ」のランキング