産経ニュース

【スポーツ異聞】ISUの提訴受理で再び盛り上がる韓国、誹謗中傷にソトニコワは「私が間違いを犯したの?」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
ISUの提訴受理で再び盛り上がる韓国、誹謗中傷にソトニコワは「私が間違いを犯したの?」

 韓国内を騒然とさせたソチ五輪フィギュア女子、キム・ヨナの採点問題は、国際スケート連盟(ISU)が韓国スケート連盟の不服申し立てを受理したことで、新たな局面を迎えた。韓国内では、勝訴へ自信をのぞかせ勢いに乗ったキム・ヨナのファンがネット上でISUのチンクワンタ会長の辞任を求める署名活動を展開する始末。一方、ロシア側は五輪から2カ月近くを経ての提訴に「荒唐無稽だ」と困惑を隠せず、キム・ヨナを抑え金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワはフェイスブックが誹謗中傷で炎上、「私が間違いを犯したの?」と打ちひしがれている。

 ISUが韓国スケート連盟の不服申し立てを受理したのは4月16日。韓国の聯合通信によると、提訴に関する書類は10日にISUの懲戒委員会に発送された。ただ、内容は採点に対する不服ではなく、審判団の構成に関する異議で、

 (1)ロシア・フィギュア連盟の元会長であり、ロシア連盟の現事務総長であるワレンティン・ピセーエフ氏の夫人、アラ・シェコフチョワ氏が審判に加わり、競技直後にソトニコワと抱き合った

 (2)審判の1人、ユーリ・バルコフ氏(ウクライナ)は1998年長野五輪でカナダ人審判らに八百長を提案したことが2002年に明らかになり、1年間の資格停止処分を受けている

 (3)審判たちが不公正な採点をしたという疑惑もある

 という3点を問題視する。

ISU会長辞任運動で「火に油」

「スポーツ」のランキング