産経ニュース

【スポーツ・ウオッチ】若い女性を虜にする町田樹の魅力、独特の世界観 世界選手権2位「最高傑作をお届けできた」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ・ウオッチ】
若い女性を虜にする町田樹の魅力、独特の世界観 世界選手権2位「最高傑作をお届けできた」

 「たつき~」「まっち~」「たっき~」。3月末にさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権最終日のエキシビションで、銀メダリスト、町田樹(関大)がリンクの中央に立つと、黄色い声援が飛び交った。情緒たっぷりの演技に、独自の世界観を語る24歳に魅了されるファンは急増中。かく言う筆者も、“虜”になった1人だ。

 町田は氷上を「舞台」と表現し、プログラムを「芸術作品」として滑る。特に、今季のショートプログラム(SP)「エデンの東」は、米国のノーベル賞作家ジョン・スタインベックの原作を精読し、理解した世界観を体に宿した「最高傑作」と自負してきた。それを、今季最後の舞台で完璧に演じ切った。

 冒頭の4回転-3回転の2連続ジャンプを決めると、続く3回転半も滑らかに着氷。ソチ五輪では2回転とミスしたルッツも3回転で決め、出来栄え点の加点を全てのジャンプ、スピン、ステップで引き出した。

 自己ベストを7.03点更新し、世界歴代3位に食い込む会心の舞。メロディーが止まると、大歓声の中で、静かに目を閉じ、ひざまづくポーズをいつもより長めに決めた。派手な喜びを見せなかったのは「氷の上にいる間中、作品として届けたかった。ガッツポーズはいらないと判断したから」だという。

 演技後、報道陣に囲まれ「町田樹の最高傑作の作品を、最高傑作の形でお届けできた」と自画自賛した第一声に、思わず深くうなずいた。

「スポーツ」のランキング