産経ニュース

【飛び込み】3世代にわたる悲願夢見る 飛び込み界のサラブレッド・金戸華 「エリートアカデミー」へ入校

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【飛び込み】
3世代にわたる悲願夢見る 飛び込み界のサラブレッド・金戸華 「エリートアカデミー」へ入校

 飛び込み界のサラブレッドが、さらなる英才指導を受ける。有望な中高生を育成する日本オリンピック委員会(JOC)の「エリートアカデミー」に水泳の飛び込みが加わり、15歳の金戸華(かねと・はな)=日出高=が5日、入校する。目指すは2020年東京五輪での金メダル。3世代にわたる悲願を夢見る。(青山綾里)

 父方の祖父、俊介さん(73)と祖母久美子さん(76)は、1660年ローマ五輪、64年東京五輪に出場。日本水連の飛び込み強化コーチの父、恵太さん(46)と母幸さん(45)も88年ソウル、92年バルセロナ、96年アトランタと3大会に連続出場した国内屈指のエリート選手だった。

 小学1年のとき、恵太さんに「飛び込みの選手になりたいか、それとも指導者がいい?」と聞かれ、迷わず「選手になる」と答えた。以来、両親から世界の技術をたたき込まれてきた。

 宙高く舞った体は入水直前にピンと伸び、水中へ美しく消えていく。中学1年で日本選手権に初出場し、高飛び込みで女子では史上最年少の決勝進出。昨年12月には、カナダで行われた国際招待試合の3メートル板飛び込み(年齢別)で優勝し、同世代の中で頭角を現した。

 飛び込みは男女とも五輪メダルを獲得した実績がなく、2000年シドニー五輪での寺内健(ミキハウス)の5位が最高だ。父の「ジュニア期からの体づくりとメンタル面の強化が課題」とした強い要望がJOCに受け入れられ、今年度から飛び込みが加わった。

「スポーツ」のランキング