産経ニュース

【競泳】男子平泳ぎ小関が日本新で3冠 短水路日本選手権

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【競泳】
男子平泳ぎ小関が日本新で3冠 短水路日本選手権

 水泳日本選手権は、第2日は16日、東京辰巳国際水泳場短水路(25メートルプール)で行われ、男子200メートル平泳ぎで小関也朱篤(日体大)が2分2秒03をマークし、北島康介(日本コカ・コーラ)が保持していた2分2秒95の短水路日本記録を塗り替えた。小関は50メートル平泳ぎでも26秒32の日本記録で優勝。前日の100メートルと合わせて平泳ぎ3種目を日本記録で制した。

 男子100メートルバタフライは萩野公介(東洋大)が50秒26で制し、男子200メートル個人メドレーは瀬戸大也(JSS毛呂山)が1分53秒32で優勝。

 女子400メートル自由形では、五十嵐千尋(横浜サクラ)が4分0秒50で10年ぶりに短水路日本記録を更新。女子200メートル個人メドレーは渡部香生子(JSS立石)が2分6秒39の日本記録で制し、女子200メートル平泳ぎでも2分16秒97の短水路高校記録で優勝した。

「スポーツ」のランキング