産経ニュース

【Jリーグ】2ステージ制とポストシーズンを改めて提案 実行委

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【Jリーグ】
2ステージ制とポストシーズンを改めて提案 実行委

 Jリーグは13日、東京都内でJ1、J2合同実行委員会を開き、J1で2015年から2ステージ制とポストシーズンを導入することで改めて一致した。上位チームが優勝を争うポストシーズンの大会形式に問題があり、検討を加えていた。日本プロサッカー選手会との協議などを経て、12月の理事会で最終決定する。

 この日示された案によると、ポストシーズンでは、チャンピオンシップ(CS)とスーパーステージ(SS)を実施。まず年間勝ち点1位がCSへの出場権を獲得し、残る1チームは第1、第2各ステージ優勝クラブと、年間勝ち点2、3位が出場するSSを実施して勝者がCSに進出することとした。

 CS、SS出場チームが重複した場合は、出場クラブの繰り上げはせず、SSに出場するのは最少2、最多4クラブと変動する。これで下位の繰り上げを認めた際に、ステージ3位が故意に敗れて年間勝ち点1位とステージ1位を重複させて繰り上げを狙うといった問題は解消された。

 また、最終的な年間順位はCSの勝者を1位、敗者を2位、以下は年間勝ち点で決め、上位3クラブがアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を得る。年間勝ち点が少ない3クラブがJ2に降格。降格クラブはSS出場資格も失う。

「スポーツ」のランキング