産経ニュース

【亀田興毅流・男気ダイエット】理想は食べてダイエット 亀田3兄弟がハマった肉

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【亀田興毅流・男気ダイエット】
理想は食べてダイエット 亀田3兄弟がハマった肉

 さて、前回はスイーツの食べ過ぎを反省したところで終わったけど。今回は、もうちょっと開き直るところから始めよか。つまり、好きなものを好きなだけ食べて何が悪いんや!?っていつも思う。強気やろ?(笑)

 でも、俺らは午前と午後の一日二回のトレーニングを一週間に6日間ずっと続けてる。その運動量は半端やないから、やっぱりへとへとになる。そんな時、元気にしてくれるのが、グミやハイチュウのような甘いもの。トレーニング前後に口にすると頭までスッキリしたような気になる。でも、これは気のせいではなくて、ちゃんとした理由がある。皆さんは、脳の栄養源は糖を分解したブドウ糖って聞いたことあるかな? だから、トレーニングして疲れたときやちょっとストレスを感じたときに甘いものが欲しくなるのは、人間の生理に基づいたものなんやと思う。そんな時は「脳が食べたいだけ」甘いものを食べたらいいと思う。

 どうや!甘い物好きな人は、これを聞いて大喜びやろ(笑)でも、俺が言ったのは「脳が…」という点を見逃さないように。脳はたくさん糖分を必要とするけど、一度に必要な量はそれほどでもないらしい。俺の感覚ではグミなら2-3個、ハイチュウなら1個で脳が満足して気分も落ち着くはず。だから「食べたいだけ」というのは、あるだけ全部ということではないから気を付けてや(笑)

「スポーツ」のランキング