【チェックアイ】森保ジャパン3-0で勝利、規律と役割徹底し選手が連動 - 産経ニュース

【チェックアイ】森保ジャパン3-0で勝利、規律と役割徹底し選手が連動

【サッカーキリンチャレンジカップ2018日本代表対コスタリカ代表】勝利を収めた日本代表イレブンを迎える森保一監督=パナソニックスタジアム吹田(鳥越瑞絵撮影)
【サッカーキリンチャレンジカップ2018日本代表対コスタリカ代表】試合に勝利しスタンドの声援に応える南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・蔵賢斗)
【サッカーキリンチャレンジカップ2018日本代表対コスタリカ代表】試合後、声援に応える日本代表イレブン =パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)
 いい試合だった。森保監督の初戦に勝利し、ものすごくうれしい。選手に規律を徹底させ、それぞれの役割をしっかり伝えたたまものだろう。監督が日本代表でプレーしていたとき、オフト監督も同じようなことをやっており、経験が今につながっているようにみえた。
 前半39分に浮き球のパスを小林が胸で落とし、南野が右足を振り抜いたシーンは、きっちり連動していて驚いた。中島と堂安を含めた前線の4人は横にも縦にも連動し、相手の守備陣は的を絞りにくかったはずだ。攻守の切り替えも早かった。短い時間でこれだけできるとは思わなかった。
 「長所をしっかり出しなさい」と森保監督が指示して送り出したようにも感じた。中島は柔軟なドリブルを仕掛け、南野は得点嗅覚を存分に発揮した。選手は大きな自信を手にしたのではないか。
 試した4バックは各自のチームで使っている選手が多く、代表でも長く採用してきた。選手にはやりやすい戦い方だった。今後、森保監督の代名詞でもある3バックに発展していくこともできると思う。
 この日、選手個々がみせたプレー強度が今後のベースになると思う。大迫らロシアW杯に出た海外組でも、これくらい走れて粘り強く戦えない選手は呼べない。競争は激しくなっていくはずだ。(元日本代表コーチ、法政大学教授)