【プロ野球】オ0-7西 多和田真三郎が14勝目 - 産経ニュース

【プロ野球】オ0-7西 多和田真三郎が14勝目

オリックス対西武 14勝目を挙げた西武先発・多和田真三郎投手=11日、ほっともっとフィールド神戸(撮影・榎本雅弘)
オリックス対西武 3回表無死1塁、秋山翔吾が先制の右越え2点本塁打を放つ=11日、ほっともっとフィールド神戸(撮影・榎本雅弘)
オリックス対西武 5回表1死3塁、源田壮亮は中犠飛を放つ=11日、ほっともっとフィールド神戸(撮影・榎本雅弘)
オリックス対西武 6回表1死満塁、秋山翔吾がセンターに適時打を放つ=11日、ほっともっとフィールド神戸(撮影・榎本雅弘)
 西武は三回、秋山の2ランで先制した。五回に源田の犠飛で加点し、六回には秋山の2点適時打など打者一巡の猛攻で4点を奪った。多和田が今季2度目の完封でリーグ単独トップの14勝目。オリックスは3試合連続の零敗を喫した。