千賀が初受賞 8月の月間MVP

プロ野球
投球するソフトバンク・千賀滉大=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)

 セ、パ両リーグは11日、8月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは広島のフランスア投手と中日のビシエド内野手、パはソフトバンクの千賀投手と西武の中村内野手が選ばれた。パで育成ドラフト出身の受賞者は千賀が初めて。育成契約出身のフランスアも初受賞。

 フランスアはプロ野球記録に並ぶ月間18試合に登板して防御率0・51。ビシエドは3度目の受賞で、リーグ記録の月間47安打を放ち、4割6分5厘の高打率を残した。

 千賀は4試合に登板して、いずれもリーグトップとなる4勝、防御率0・86、37三振を記録。中村は2度目の受賞でリーグ記録に並ぶ6試合連続本塁打を放つなどリーグ1位の12本塁打をマークした。