【全米テニス】「日本語かわいい」 大坂なおみ、ほんわか発言で人気 - 産経ニュース

【全米テニス】「日本語かわいい」 大坂なおみ、ほんわか発言で人気

女子シングルス決勝で、セリーナ・ウィリアムズを破って初制覇を果たした大坂なおみ=ニューヨーク(共同)
全米オープンテニスの女子シングルス初制覇から一夜明け、記念撮影に応じる大坂なおみ=9日、ニューヨーク(共同)
大坂なおみ語録
全米オープンテニスの女子シングルス初制覇から一夜明け、記念撮影に応じる大坂なおみ。右奥はエンパイアステートビル=9日、ニューヨーク(共同)
 全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、感極まる大坂なおみ。右はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)
 全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、感極まる大坂なおみ。右は声を掛けるセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(USA TODAY・ロイター=共同)
 全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを持つ大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(共同)
 「大阪で生まれた人はみんな、オオサカという名字になるの」。天真爛漫で独特の“ほんわか発言”が話題になる大坂なおみ。海外メディアも躍進にあわせて語録を特集するなど人気を集めている。
 3月の「BNPパリバ・オープン」でツアー初優勝した際のスピーチでは、家族や陣営スタッフ、スポンサーなどに次々と感謝の言葉を伝え、「(他に)何か忘れていないかな」とつぶやき、観衆が引き込まれていった。たどたどしいスピーチを「史上最悪」と自虐的に評すると、会場の盛り上がりは最高潮に達した。
 勉強中の日本語の発言も国内で人気だ。今大会の準々決勝勝利後には、時差の大きい日本にいるファンに向け「おやすみー。orおはようございまーす」とサービス。インターネット上では「日本語かわいい」などと話題になった。