【大相撲秋場所】八角理事長、協会あいさつで被災者にお見舞い 台風や地震 - 産経ニュース

【大相撲秋場所】八角理事長、協会あいさつで被災者にお見舞い 台風や地震

大相撲秋場所が初日を迎え、協会あいさつに並ぶ横綱稀勢の里(左端)。右手前は八角理事長=9日、両国国技館
場内のお客さんに頭を下げる八角理事長(中央)ら=9日午後、東京都墨田区・両国国技館(大橋純人撮影)
場内のお客さん向け挨拶をする八角理事長=9日午後、東京都墨田区・両国国技館(大橋純人撮影)
挨拶する八角理事長(中央)=9日、両国国技館(高橋朋彦撮影)  
場内のお客さん向け挨拶をする八角理事長(中央)=9日午後、東京都墨田区・両国国技館(大橋純人撮影)
 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は9日、東京・両国国技館で始まった大相撲秋場所の初日恒例の協会あいさつで、台風や北海道の地震による被災者へお見舞いの意を表明した。
 北海道広尾町出身の理事長は、あいさつの冒頭で「各地での台風、北海道での地震により被災された皆さまには心よりお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧、復興をお祈り致します」と述べた。