錦織圭は2セット連取される 準決勝ジョコビッチ戦 男子単

全米テニス
ジョコビッチを相手に苦戦する錦織=7日、ニューヨーク(AP)

 【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン第12日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝の2試合目は第21シードの錦織圭(日清食品)が、元世界ランキング1位で第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。第1セットは第2ゲームをブレークされ、3-6で落とした。第2セットは錦織がリズムをつかんだかに見えたが、第5ゲームをブレークされ、4-6で2セットを連取された。

【全米テニス】錦織圭は2度目の決勝進出ならず ジョコビッチに完敗 男子単

 錦織は準優勝した2014年の全米以来、4年ぶり2度目の四大大会決勝進出を目指す。錦織はジョコビッチと過去16回対戦して2勝14敗で13連敗中と大の苦手。