【MLB】右肘損傷の大谷翔平が17・18号 4打数4安打3打点 1年目の日本選手最多本塁打に並ぶ - 産経ニュース

【MLB】右肘損傷の大谷翔平が17・18号 4打数4安打3打点 1年目の日本選手最多本塁打に並ぶ

レンジャーズ戦の8回、右越えに18号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
レンジャーズ戦の8回、右越えに18号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
レンジャーズ戦の5回、右越えに17号本塁打を放つエンゼルス・大谷翔平=アーリントン(共同)
 エンゼルスの大谷は5日、アーリントンでのレンジャーズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数4安打3打点、4得点で1盗塁だった。内容は四球、投手強襲安打、右越え本塁打(打点1)、中前打、右越え本塁打(打点2)で打率は2割8分7厘。
 大谷は五回先頭の第3打席で90マイル(約144キロ)のフォーシームを右翼へ17号、八回1死一塁での第5打席では89マイル(約142キロ)のチェンジアップを右中間に18号2ランをたたき込んだ。メジャー1年目の日本選手の本塁打数で2003年の松井秀喜(ヤンキース)の16本塁打を抜き。最多記録である06年の城島健司(マリナーズ)の18本塁打に並んだ。
 チームは9-3で快勝した。(共同)