【MLB】大谷翔平のトミー・ジョン手術 「本人の意思を尊重」とエプラーGM 10日に話し合い - 産経ニュース

【MLB】大谷翔平のトミー・ジョン手術 「本人の意思を尊重」とエプラーGM 10日に話し合い

レンジャーズとの試合前、ウオーミングアップを終えて、ベンチで厳しい表情を見せる米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手=5日、アーリントン(共同)
試合前、大谷について記者の取材に応じるエンゼルスのソーシア監督=アーリントン(共同)
レンジャーズ戦の1回、四球を選ぶエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
 米大リーグ、エンゼルスは5日、投打の「二刀流」に挑む大谷翔平選手(24)が同日にレンジャーズ戦で遠征していたアーリントンで精密検査を受けた結果、右肘靱帯に新たな損傷が判明し、医師に投手復帰まで1年以上かかるとされる肘の靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を勧められていると発表した。ビリー・エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は電話会見で、今後の方針を「本人の意思を尊重したい」と語り、10日(日本時間11日)に本人と話し合うとした。9日のホワイトソックス戦が見込まれていた先発登板は見合わせるもよう。
 マイク・ソーシア監督は「とても残念だが、一歩ずつ進んでいかないといけない」と述べた。エプラーGMは「まだ二刀流の選手としてみている」と、どちらかに絞る考えはないことを明らかにした。(共同)