【男子ゴルフ】今平周吾、深堀圭一郎らが4回戦へ ハンダ・マッチプレー選手権第3日 - 産経ニュース

【男子ゴルフ】今平周吾、深堀圭一郎らが4回戦へ ハンダ・マッチプレー選手権第3日

第3日、13番でティーショットを放つ今平周吾。星野英正を5アンド4で破った=鳩山CC
ISPSハンダマッチプレー選手権3回戦 1H、ティーショットを放つ深堀圭一郎。黄重坤を4アンド3で破った=5日、鳩山カントリークラブ(撮影・福島範和)
ISPSハンダマッチプレー選手権3回戦 15H、高橋賢(右端)を4アンド3で破り、関係者と握手する池田勇太=5日、鳩山カントリークラブ(撮影・福島範和)
ISPSハンダマッチプレー選手権3回戦 1アップで敗れ、R・ワナスリチャン(左)と握手を交わす星野陸也=5日、鳩山カントリークラブ(撮影・福島範和)
 ISPSハンダ・マッチプレー選手権第3日は5日、埼玉県鳩山CC(7115ヤード、パー72)で3回戦が行われ、賞金ランキング1位の今平周吾が星野英正に5アンド4で快勝するなど、16選手が4回戦に進んだ。
 49歳の深堀圭一郎や池田勇太も勝ち上がったが、昨年覇者の片山晋呉は藤島征次に敗れた。前週のフジサンケイ・クラシックで初優勝を飾った星野陸也も3回戦で姿を消した。決勝は9日に行われ、優勝者はツアー最高の5200万円を獲得する。(出場31選手、晴れ、気温30.3度、北北西の風1.4メートル、観衆431人)