【MLB】大谷翔平、左腕相手に先発 ソーシア監督「状態は良くなっている」 - 産経ニュース

【MLB】大谷翔平、左腕相手に先発 ソーシア監督「状態は良くなっている」

レンジャーズとの試合前にキャッチボールするエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
レンジャーズとの試合前にキャッチボールするエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
試合前、打撃練習を行うエンゼルス・大谷翔平=27日、エンゼル・スタジアム(撮影・リョウ薮下)
 右肘の故障から約3カ月ぶりに投手復帰した2日のアストロズ戦で腰の張りを訴え、右手薬指に打球を当てたエンゼルスの大谷が、打者で先発した。左腕マイナーに対し、一回無死二塁では変化球に見逃し三振に倒れた。
 ソーシア監督は「状態は良くなっているし、スイングもできる」と説明した。9日(日本時間10日)のホワイトソックス戦の登板に向け、従来の調整通りに5日と7日に2度の投球練習に臨む予定。この日は約20メートルの距離で変化球を交えてキャッチボールを行った。(共同)