ACL王者は北中米と クラブW杯

サッカー

 12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるサッカーのクラブワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選が4日、チューリヒで行われ、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の優勝チームは初戦で北中米カリブ海代表のグアダラハラ(メキシコ)と対戦する。勝てば準決勝で、大会3連覇を狙う欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)に挑む。

 塩谷司が所属するアルアイン(UAE)は開催国枠で出場。開幕戦でウェリントン(ニュージーランド)に勝てばアフリカ王者と顔を合わせる。この勝者が準決勝で南米代表と当たる。

 決勝は12月22日にアブダビで行われる。(共同)