男子代表のラマス監督「責任を感じる」 アジア大会代表4選手の不適切行為で

バスケットボール
バスケットボールのアジア大会男子代表4選手の不祥事について陳謝するフリオ・ラマス監督(右)と日本協会の東野智弥技術委員長=3日、東京都北区(奥村信哉撮影)

 バスケットボール男子日本代表のフリオ・ラマス監督は3日、ジャカルタ・アジア大会期間中に代表4選手が女性と不適切行為をした問題について「4人は間違ったことをした。本当に残念で責任を感じている。代表に関わる選手、スタッフ全員の責任がどれだけ重いか再認識した」と陳謝した。ラマス監督は今月開幕するワールドカップ(W杯)アジア2次予選の準備のため、アジア大会で指揮を執らなかったが、同大会で監督を務めた代表のエルマン・マンドーレ・コーチとともに監督責任を問われ、厳重注意処分を受けた。

 この日は13日のカザフスタン戦、17日のイラン戦に向けた強化合宿を東京都内で公開。ラマス監督は「準備に不祥事の影響はない。今はカザフスタンに勝つことだけを考えている」と述べ、田中大貴(A東京)は「自分たちの力で男子バスケットへの信頼を取り戻さないと」と力を込めた。

 24人の予備登録選手も発表された。ラマス監督は米NBAのグリズリーズと下部リーグのチームに所属しながら一定期間NBAに出場できる契約を結んだ渡辺雄太、米ゴンザガ大の八村塁の招集に見通しが立った一方、7月に左足を手術した帰化選手のファジーカス・ニック(川崎)の参加は不透明と明かした。