【アジア大会】金75個、東京五輪へ手応え 競泳・池江MVP獲得 大会閉幕 - 産経ニュース

【アジア大会】金75個、東京五輪へ手応え 競泳・池江MVP獲得 大会閉幕

ジャカルタ・アジア大会の閉会式で記念撮影する競泳の池江璃花子(右から3人目)ら日本選手団=2日(共同)
ジャカルタ・アジア大会の閉会式で記念撮影する競泳の池江璃花子(前列左から4人目)、ブリッジの中尾共栄(同右から2人目)ら日本選手団=2日(共同)
ジャカルタ・アジア大会の閉会式で、他国の参加者と記念撮影する競泳の池江璃花子(左から2人目)=2日(共同)
ジャカルタ・アジア大会の閉会式で日本の旗手として入場する競泳の池江璃花子=2日(共同)
ジャカルタ・アジア大会でMVPに輝き、閉会式で旗手として入場する競泳の池江璃花子=2日(共同)
ジャカルタ・アジア大会期間中燃え続けた聖火(左)と閉幕し火が消えた聖火台=2日(共同)
アジア大会での日本の獲得メダル数
 第18回アジア競技大会は2日、ジャカルタのブンカルノ競技場で閉会式が行われ、45カ国・地域から約1万1千人の選手が参加したスポーツの祭典が幕を閉じた。日本選手団は競泳、柔道、陸上を中心に前回大会の47個を大きく上回る75個の金メダルを獲得し、2020年東京五輪に向けて手応えを得た。
 競泳女子で6冠を達成し、金メダル数でアジア女子と日本選手の1大会最多記録を更新した池江璃花子(18)=ルネサンス=が最優秀選手に選ばれた。
 閉会式では、池江が日本の旗手として入場した。日本を含む一部の国・地域の選手団は運営の混乱により、予定より40分ほど遅れて入場した。
 次回大会は22年に中国の杭州で開催される。(共同)