【フジサンケイクラシック】星野陸也「66」で単独首位キープ 第3日 - 産経ニュース

【フジサンケイクラシック】星野陸也「66」で単独首位キープ 第3日

フジサンケイクラシック第3日 18番ホール、バーディーパットを沈め、キャディーとグータッチする星野陸也=1日、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・戸加里真司)
フジサンケイクラシック第3日 18番ホールでバーディーパットを沈め、ギャラリーの拍手に応える重永亜斗夢=1日、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・戸加里真司)
フジサンケイクラシック第3日 17H、バンカーショットを放つ今平周吾=1日、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・福島範和)
フジサンケイクラシック第3日 17番ホール、イーグルパットを放つ木下稜介=1日、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・戸加里真司)
 フジサンケイ・クラシック第3日は1日、山梨県富士桜CC(7566ヤード、パー71)で行われ、ツアー初勝利を狙う22歳の星野陸也が8バーディー、3ボギーの66と伸ばし、通算11アンダーの202で初日からの単独首位を守った。
 66をマークした重永亜斗夢が今平周吾、木下稜介とともに5打差の2位で続いた。
 浅地洋佑とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が通算5アンダーの5位。池田勇太と秋吉翔太らは3アンダーの10位にいる。