大谷翔平がブルペンで24球 復帰初戦のアストロズ戦へ調整

MLB
 ブルペンでの投球前に、キャッチボールするエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同)

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が8月31日、敵地ヒューストンでブルペン入りし全球種を使って24球を投げ、9月2日午後7時5分(日本時間同3日午前9時5分)開始予定のアストロズ戦に向けて調整した。右肘の故障から約3カ月ぶりに投打の「二刀流」が復活する。

 6月6日のロイヤルズ戦以来の投手復帰が迫る中で「マウンドへの意気込みも昨日話したので、やることだけやりたい」とあらためて思いを語ることはなかった。アストロズ打線の印象には「まずは今日の試合でしっかり頑張りたい」と、目前の打者出場へ集中力を高めた。

 登板を2日後に控えた投球練習では、キャンプ中も含めて最少の24球となった。ただ、その後は捕手を立たせて追加で投げ、「前半戦はずっとやっていたし、投げる試合の前は必ずやる」と、プロ野球日本ハム時代からのルーティンを行った。

 メジャー1年目の今季は投手で9試合に先発し、4勝1敗、防御率3.10。(共同)