大谷翔平「もういける」「不安はない」 9月上旬にも二刀流復活へ 3度目の実戦形式で50球

MLB
試合前にキャッチボールするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が27日、本拠地アナハイムのエンゼルスタジアムで、右肘の故障後3度目となる打者相手の実戦形式の登板に臨み、3回で全球種を使って50球を投げた。投球後、大谷は「もういける。不安はない。ここでいってほしいというところに合わせて準備したい」と話した。経過が順調なら、9月上旬にもメジャー登板する見込み。

 ロッキーズ戦の前に非公開で行われ、味方の攻撃時間を想定して休憩を挟む「アップ・アンド・ダウン」で調整した。球団によると、マイナーの左右の打者が計8打席に立ち、一、二回は各15球、三回は20球を投じ、計33球がストライクだったという。「メジャーリーグのレベルで投げないと分からないことの方が多い。現段階で他のところで気づくことはあまりない」と復帰時期が近いことをうかがわせた。

 ソーシア監督は「全てが良い方向に向かっている。彼がどこで投げられるかをこの数日で考えたい」と話した。(共同)