大谷翔平「そう遠くない時期に」 今季中の二刀流復活に自信 初の実戦形式登板から一夜明け

MLB
試合前の練習を終え、記者の質問に答えるエンゼルス・大谷=フェニックス(共同)

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が右肘の故障後初めて実戦形式で登板して一夜明けた21日、フェニックスでダイヤモンドバックス戦前に「現時点ではそう遠くない時期に投げられるんじゃないかなという自信は持っている」と、今季中に投手復帰できる見通しを話した。

 20日はアリゾナ州テンピの球団施設でマイナー2選手が左右の打席に立ち、全球種を使って計29球を投じた。打者と対戦するのは6月6日以来となったが、「そんなに指先の感覚のずれはなかった。力を入れた時のだいたいの球速はこのくらいかなという感じのところは出ていたし、いい感じだった」と自信を深めた。

 強度について「思い切り投げたつもり」と力を入れた中で、翌日の右肘の状態は「多少張りくらいはあるが、きょうもキャッチボールをしっかりできた」と問題がなかったことを強調した。

 ソーシア監督によると22日(日本時間23日)にブルペンで投球練習を行い、来週には球数を45~50球まで増やす予定。(共同)