【車いすラグビー】「金メダル、最高の形」 代表、喜びの帰国「信じる力が勝因」 - 産経ニュース

【車いすラグビー】「金メダル、最高の形」 代表、喜びの帰国「信じる力が勝因」

 車いすラグビーの世界選手権で初優勝を果たし、パラリンピックを含めて初めて世界の頂点に立った日本代表が11日、成田空港に帰国した。主将の池透暢選手は「世界チャンピオンになることを目標に一生懸命やってきた。金メダルという最高の形で終えられてうれしい」と喜びを口にした。
 日本は準決勝で格上の米国を破り、決勝でリオデジャネイロ・パラリンピック金メダルのオーストラリアを撃破。池選手は「信じる力が勝因」とチームの団結を誇った。
 金メダルを首から下げた代表選手たちが到着ロビーに姿を現すと、居合わせた人々から温かい拍手を浴びた。男子に交じって奮闘した女子の倉橋香衣選手は「車いすラグビーを知ってもらえた。メダルを見せられてうれしい」と喜んだ。
 自国開催の2020年パラリンピック東京大会は世界王者として臨む。エースの池崎大輔選手は「これからは世界一の挑戦者として成長していきたい」とさらなる飛躍を誓った。