【MLB】初の1試合2発の大谷翔平「自分らしい形で打てた」 一問一答 - 産経ニュース

【MLB】初の1試合2発の大谷翔平「自分らしい形で打てた」 一問一答

インディアンス戦の1回、左越えに10号2ランを放つエンゼルス・大谷=クリーブランド(共同)
インディアンス戦の1回、10号2ランを放ちベンチでタッチを交わすエンゼルス・大谷=クリーブランド(共同)
 大谷の一問一答は次の通り。(共同)
 --初めて3番で先発出場し、一回に本塁打
 「基本的には前と後ろにしっかりつなぐようにした。(1番打者の)カルフーン選手が調子がいいので塁に出る機会も多いと思うが、進塁も含めてつなぐことができれば点になる」
 --左方向に運んだ
 「多少、差し込まれていたので入らないんじゃないかなと思って走っていたが、何とか入ってくれて自分らしい形で打てた」
 --三回に2打席連続本塁打
 「変化球主体で来るんじゃないかなと思っていた。最後、真っすぐが来るとは思わなかったが、バットを出したらいいところに当たってくれた感じだった」
 --八回は苦手の左腕から安打
 「当たり的には良くなかったが、ああいうのがヒットになるというのはいい傾向」
 --ベーブ・ルースには近づいたか
 「まだシーズン途中。僕自身は投げられてないし、チームにも迷惑を掛けている。何とか早く元のリズムに戻っていけるようにやりたい」