【競馬】ディープ産駒のサクソンウォリアー4着 英国競馬のダービー - 産経ニュース

【競馬】ディープ産駒のサクソンウォリアー4着 英国競馬のダービー

2日、英国競馬のダービーで4着になったサクソンウォリアー(右端)=ロンドン郊外のエプソム競馬場(ロイター)
5月、英国競馬2000ギニーを制したサクソンウォリアー(ゲッティ=共同)
 英国競馬の第239回ダービー(約2400メートル芝、GI)は2日(日本時間3日)、ロンドン郊外のエプソム競馬場で12頭が出走して行われ、日本の三冠馬ディープインパクトを父に持つ日本生まれのサクソンウォリアー(3歳牡馬、ライアン・ムーア騎乗)は4着に終わり、同レースで日本産馬の初優勝は成らなかった。
 圧倒的な1番人気に推されたサクソンウォリアーは最内枠からスタート。中団を追走したが、最後の直線で伸び切れず、デビューからの連勝は4で止まった。マサー(英国)が優勝した。
 サクソンウォリアーは、2015年に北海道安平町のノーザンファームで生まれ、その後は母の母国アイルランドに渡って調教されている。5月の2000ギニーを制し、クラシック2冠を狙っていた。(共同)