東洋大が4年ぶりの往路優勝 青山学院大・竹石尚人 脚のけいれんも完走

箱根駅伝
1位でゴールする東洋大5区・田中龍誠=2日、神奈川県箱根町(撮影・早坂洋祐)

 第94回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、昨年総合2位だった東洋大が4年ぶり6度目の往路優勝を果たした。1区の西山和弥がトップに立ち、リードを守りきった。

 東洋大の記録は、5時間28分30秒の往路新。総合4連覇を目指す青山学院大が差を詰めたが、2位。竹石尚人(2年、鶴崎工)が15キロの給水直後に脚にけいれんを起こして止まった。20キロ前後にも再び脚を止めたが、最後まで神奈川県箱根町の芦ノ湖まで走りきった。青山学院大も5時間29分5秒で往路新。

 早稲田大は、5区の安井雄一(3年、市船橋)の拓殖大、神奈川大を抜く快走で3位に。4位は拓殖大、5位が法政大。小田原で3位だった神奈川大は5区で失速し、15位。

 5区では法政大の青木涼真(2年、春日部)が9人抜きの快走を見せた。(WEB編集チーム)