産経ニュース

ランディングページタイトル

立命館大学の入試広報学生スタッフと牛乳石鹸共進社株式会社のコラボ企画!
オープンキャンパスでは石鹸を配って、受験生の健康と合格を祈願しました。
今回はプロジェクトのレポートと、世界手洗いの日に因んで正しい手洗いの方法をご紹介します。

世界手洗いの日とは?

10月15日は「世界手洗いの日」。2008年に、ユニセフなどの国際機関や大学、企業など13の組織から成る『せっけんを使った手洗いのための官民のパートナーシップ』が、健康を守るための有効な方法である手洗いを正しく広めることを目指して制定した国際的な行事日です。

プロジェクトレポート

オープンキャンパスで受験生の健康と合格を祈願!

この夏、立命館大学の学生が「牛乳石鹸」で知られる大阪の老舗企業である牛乳石鹸共進社と連携し、
8月4日(土)・5日(日)のオープンキャンパスで
若い世代にせっけんを使ってもらうプロジェクトを実施しました。

プロジェクト概要
PROJECT.1 立命館大学オリジナル赤箱を全員に配布!

大学生が考えた限定デザインの赤箱をオープンキャンパス来場者の皆様に配布しました。

PROJECT.2 巨大絵馬プロジェクト~巨大絵馬に願いをのせて~

オープンキャンパス期間中、牛乳石鹸コラボブースに巨大絵馬パネルを設置。
桜のカードに抱負を書いて巨大絵馬に願いをのせてもらいました!

立命館×牛乳石鹸概要

当日は衣笠キャンパス、びわこ・くさつキャンパス、大阪いばらきキャンパスに、受験生や保護者が約26,000名来場。

当日は石鹸の外箱を学生がデザインしたオリジナル赤箱を来場者に配布したほか、大学合格祈願の巨大絵馬もつくり、受験生に意気込みを書き込んでもらいました。また、オープンキャンパス当日にはキャンパス内の手洗い場に赤箱が設置されました。

巨大絵馬は立命館大学の在学生が後日北野天満宮に持参し、受験生の合格と健康を祈願しました。

オープンキャンパスのフォトレポートをもっと見たい方は下記バナーをクリック!

立命館オープンキャンパス2018 フォトレポート

正しい手洗いについて

予防効果を高める正しい手洗いとは

「手洗いは風邪や食中毒をはじめとする感染症の多くを防げる“万病の感染予防”と言われています。正しい手洗いを習慣づけることは非常に大切なことなんですよ」。そう話すのは牛乳石鹸のマーケティング部に所属する宮崎さん。

「手洗いがなぜ感染予防に効果的かと言うと、風邪や感染症の原因になる菌の多くが手を介して体内に侵入するからです。電車のつり革や、ドアノブ、その他あらゆるものに菌が潜んでいますが、人間の体でそれらにもっとも触れる部分が手なんです。手に菌が付着してしまった状態で、口や目や鼻を触ったり、食事をとることで、菌を体内に侵入させてしまうのです」。

正しい手洗い仕方を覚えて受験シーズンを乗り切ろう!!

  • 水で手を濡らしたら
    石鹸でよく泡立てる

  • 手のひらを
    こすり合わせるように洗う

  • 爪を手のひらに
    こすりつけるように洗う

  • 指の間や親指の
    付け根を洗う

  • 手のひらと手の甲を
    こすり合わせて洗う

  • 手のひらで
    手首をぐるぐる回して洗う

  • 石鹸が残らないように
    しっかりと洗い流す

  • 濡れたままにならないよう
    しっかり乾かす

立命館大学ロゴ
立命館大学入学センターhttp://ritsnet.ritsumei.jp

牛乳石鹸共進社株式会社ロゴ
牛乳石鹸共進社株式会社https://www.cow-soap.co.jp/

PR