産経ニュース

記事詳細


ガンダム、ボトムズ…あの人気メカが一堂に 「大河原邦男展」8日開幕

記念撮影に臨むメカニックデザイナー・大河原邦男さん =上野の森美術館 (撮影・山田俊介)

 「機動戦士ガンダム」など数多くのアニメでメカデザインを手掛けてきた大河原邦男(おおかわらくにお)さん(67)の仕事を振り返る「メカニックデザイナー 大河原邦男展」(産経新聞社など主催)が8日、東京都台東区の上野の森美術館で始まる。大河原さんは7日の内覧会と開幕式に出席し、「子供だった頃にタイムスリップして楽しんでいただけたら」と呼び掛けた。

 ガンダムや「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」「装甲騎兵ボトムズ」などの人気ロボが一堂に会した描き下ろし作品をはじめ、初公開の設定画など約500点を展示。見どころを紹介する音声ガイドの声を担当した声優の保志(ほし)総一朗さんと小松未可子さんは「40年以上に及ぶ大河原先生の歴史を感じてほしい」と話していた。

 入場料は、一般1500円、高大学生1200円、小中学生500円。9月27日まで。問い合わせは上野の森美術館(電)03・3833・4191。

関連ニュース

見どころ

ガンプラinfo

大河原邦男展 会場限定モデル「ストライクフリーダムガンダム」箱絵公開(C)創通・サンライズ