PR

2021大阪国際女子マラソン特集

大阪国際女子マラソンのカット

31日午後0時10分スタート
長居公園周回コース

松田選手のゴールシーン 野口選手のゴールシーン 渋井選手のゴールシーン シモン選手のゴールシーン

待望の日本新
大阪で出るか

 「第40回大阪国際女子マラソン」は31日午後0時10分に号砲が鳴る。東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール=と前田穂南(24)=天満屋=の直接対決が実現。新型コロナウイルスの影響で、コースが長居公園(大阪市東住吉区)の周回コース(1周およそ2.8キロを約15周)に変更されることが決まり、より高速なレースも予想される。日本記録は野口みずきが2005年のベルリンでマークした2時間19分12秒。コロナの閉塞感を打破するような白熱した戦いに期待が高まる。

長居公園周回コース

 レースは1周およそ2.8キロのコースを約15周し、長居公園内のヤンマースタジアム長居にゴールする。新しいコースはアップダウンが少ない。従来の市街地を巡るコースは、高低差約9メートルでフラットといわれていたが、今回のコースは高低差が約5メートルでさらに平坦になった。

マラソンコース図

例年のコースでは

  • 15周目のフラグ
    JR大阪環状線の森ノ宮駅付近。ペースメーカーが先導し、先頭集団が軽快にラップを刻む
  • 25周目のフラグ
    御堂筋の折り返しを終え淀屋橋駅付近に。先頭集団がばらけ始める。脱落する選手も現れる
  • 30周目のフラグ
    復路のJR玉造駅手前。大阪城を抜け、レースは勝負どころを迎える
  • 40周目のフラグ
    あびこ筋を南下。駆け引きを制し、先頭でヤンマースタジアム長居に現れるのは・・・
高速レースが
期待できるポイント
周回コースは高低差が少ない
減速が必要な急カーブもない
風の影響を受けにくくなる
男子ペースメーカーが先導

テレビ観戦のみどころ

今回は周回コースのため、選手にとっては集中力が試されるレースだ。近年では2012年のロンドン五輪や16年のリオデジャネイロ五輪でも周回コースが採用された。

  •  駆け引きのポイントとなる給水所はコースの中で1カ所だけ。15周のどのタイミングで水分を補給するのか。これまで以上に勝敗のカギを握る
  •  3周目(8.4Km)、7周目(19.7Km)、10周目(28.1Km)で関門を設置。走り続けるには、定められた制限タイムをクリアする必要がある
  •  コースの道幅は6メートル。従来の一般道よりも狭く、位置取りなどの戦略が重要となる。距離のロスを少なくするのがポイントだ
コースの道幅が狭いようす

五輪代表の2強激突

 東京五輪代表の一山麻緒と前田穂南の直接対決が実現。一山は「大阪国際は(日本記録の)19分12秒を切りたいと思って臨む大会。誰に勝つというより、記録を破りたいのが一番」と意欲的。一方、前田は「(五輪までに)2時間20分切りを目指して走ろう」と計画を立てており、「筋力やスピードの強化はできている」と自信をのぞかせる。
一山麻緒選手の写真

一山麻緒
(いちやま・まお)
ワコール所属
鹿児島・出水中央高出身
2020年3月
名古屋ウィメンズ優勝
2時間20分29秒

前田穂南選手の写真

前田穂南
(まえだ・ほなみ)
天満屋所属
大阪薫英女学院高
2019年9月
MGC優勝
2時間25分15秒

アテネ五輪で優勝する野口みずきさんのゴールシーン

日本記録保持者
野口みずきさん

日本記録
2時間19分12秒
2005年ベルリン
大会記録
2時間21分18秒
2003年大阪国際
(アテネ五輪金メダリスト)

 今回の大阪国際は五輪代表の2人に大きな注目が集まる。レースへの期待や五輪代表の心構えについて、2004年アテネ五輪金メダリストで日本記録保持者の野口みずきさんに話を聞いた。

「記録どんどん破って」

野口みずきさんのインタビューのようす

 大阪国際の大会記録は2003年に野口さんがマークした2時間21分18秒。その年は2位の千葉真子さんと3位の坂本直子さんも21分台で走るハイレベルなレースだった。
 「2003年はデッドヒートを繰り返し、負けるもんかという思いで走れました。ライバルがいたからこそ出た記録だったと思います。五輪代表2人が出場する今回はまたハイレベルなレースが見られるでしょう。大会記録も更新していかないと世界に距離を置いていかれてしまうので、どんどん破っていってほしいです」

長居公園 観戦自粛のお願い

 第40回大阪国際女子マラソンは新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環で、大阪市の長居公園周回コースに変更して開催します。公園内での観戦はお控えいただき、テレビから声援を送ってくださいますよう、ご協力よろしくお願いします。


主催
日本陸上競技連盟、産経新聞社、サンケイスポーツ、関西テレビ放送
共催
大阪市
主管
大阪陸上競技協会
協賛
奥村組
協力
ダイハツ工業、シチズン時計
スクロールアイコン

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ