PR

米大統領「大きな緊張緩和」期待 イスラエル首相と4回目電話会談

PR

バイデン大統領(AP=共同)
バイデン大統領(AP=共同)

 【ワシントン=大内清】イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの軍事衝突をめぐり、バイデン米大統領は米東部時間19日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談し、同日中に「停戦に向けた大きな緊張緩和措置がとられる」との見解を伝えた。ホワイトハウスが発表した。

 バイデン、ネタニヤフ両氏の電話会談は一連の衝突が起きてから4回目。

この記事を共有する

おすすめ情報