PR

グテレス事務総長が「即時停戦」を要請 国連安保理

PR

16日、国連安全保障理事会でイスラエルとパレスチナに「即時停戦」を要請するグテレス事務総長(UNWevTVが配信した動画から)
16日、国連安全保障理事会でイスラエルとパレスチナに「即時停戦」を要請するグテレス事務総長(UNWevTVが配信した動画から)

 【ニューヨーク=平田雄介】国連安全保障理事会で16日午前(日本時間同日夜)、イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの衝突激化を受けたオンライン会合が始まり、グテレス事務総長が双方に「即時停戦」を要請した。

 今回の衝突が始まって以来、安保理の協議は3回目だが、公開されるのは初めて。グテレス氏は冒頭演説で「暴力はイスラエルとパレスチナの平和共存の希望を地平のかなたに追いやるだけだ」と指摘。破壊的な暴力の循環を最終的に止められるのは「交渉による持続的な政治的解決だけだ」と訴えた。

 イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザを空爆し、報道機関が入居するビルを破壊したことについても「記者は自由な活動が許されなければいけない」と強い懸念を表明した。

 会合ではパレスチナ自治政府やイスラエルの代表の演説も予定されている。

この記事を共有する

おすすめ情報