PR

国連事務総長「深く憂慮」 アルジャジーラ入居のビル空爆で

PR

グテレス国連事務総長(AP)
グテレス国連事務総長(AP)

 【ニューヨーク=平田雄介】国連のグテレス事務総長は15日、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザを空爆し、AP通信やカタールの衛星テレビ局アルジャジーラが入居する高層ビルが倒壊したことについて「深く憂慮している」と表明した。ドゥジャリク事務総長報道官を通じて声明を発表した。

 グテレス氏は声明で「メディアや民間人を無差別に攻撃対象とすることは国際法違反だ」と指摘し、「何としても避けなければならない」と強調した。

この記事を共有する

おすすめ情報