PR

ガザ空爆、死者100人超 イスラエル、戦闘継続

PR

13日、イスラエル軍の空爆を受けたパレスチナ自治区ガザで、破壊された建物のそばを歩く男性(ロイター)
13日、イスラエル軍の空爆を受けたパレスチナ自治区ガザで、破壊された建物のそばを歩く男性(ロイター)

 イスラエル軍は13日、パレスチナ自治区ガザへの空爆を継続し、ガザ保健当局によると、10日に始まった空爆による死者は103人となった。ガザを実効支配するイスラム組織ハマスはロケット弾などで応酬。イスラエル側では7人が死亡している。

 イスラエル軍によると、13日夜、レバノン南部からイスラエル沖の地中海にロケット弾3発が発射された。被害はなかったとみられる。誰が発射したのかは不明。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報